クイーンズスリムHMB 筋トレメニュー

クイーンズスリムHMBに適した筋トレメニュー3選!

普段から筋トレをしているという方はどれくらいいるでしょうか。

 

ジムに通って筋トレをしている方もいれば、トレーニング前のウォーミングアップとして筋トレをしている方もいますよね。

 

筋トレの良いところは、自宅でも簡単にできるということ。

 

クイーンズスリムHMBは筋トレや運動と合わせて摂取することで、筋力アップ効果やダイエット効果に期待がもてます。

 

そのためクイーンズスリムHMBを摂取するからといって、ハードな運動をしなければいけないというわけではありません。

 

筋トレ初心者でもHMBサプリを摂取するのが初めてでもできる筋トレメニューを知っておくと、より効果を実感できるかもしれません。

 

ここでは自宅でできる筋トレメニューをご紹介していきます。

 

これからクイーンズスリムHMBを買おうと思っている方も、どんなトレーニングをしたら良いか迷っているという方も筋トレメニューを参考にしてみてください。

 

筋トレメニュー3選をご紹介

クイーンズスリムHMBと合わせて行いたい筋トレメニュー3選を見ていきましょう。

 

筋トレメニュー1:腹筋&背筋
腹筋は筋トレの中でもよりスタンダードなものであり、腹筋ならできる!という方も多いと思います。

 

しかし背筋もやるとなると、あれ?できない!なんてこともあるのではないでしょうか。

 

もちろん腹筋と背筋を別々に行うことも良いのですが、両面を鍛えることで体のバランスを整えることができます。

 

ぽっこりとしたお腹の肉をへこませたい、背中の筋肉をつけたいという方は腹筋と背筋をセットにして行ってみましょう。

 

このときにただ回数をこなすのではなく、どの筋肉を使っているかどこに負荷をかけているかを意識して筋トレをするようにしましょう。

 

筋トレメニュー2:体幹トレーニング
筋トレの中で最近人気のある体幹トレーニングも取り入れてみましょう。

 

体幹トレーニングによって基礎代謝がアップしたり、腰痛や肩こりを軽減させることもできます。

 

なかでも基本的なメニューとしてプランクというものが人気があります。

 

うつぶせになり、両肘とつま先を肩幅にひらいて全身を支えます。

 

この状態で背中をまっすぐにキープし、頭をさげることなく 1分程キープしましょう。

 

腕や足がプルプルしてくると思いますが、繰り返しているうちに徐々に慣れてきます。

 

筋トレメニュー3:スクワット
スクワットは脚の筋肉に効きそうなイメージがありますが、身体全体を動かすのでスクワットをやっているとすごく汗をかきませんか?

 

スクワットは簡単そうに見えますが、間違ったやり方をすると腰や膝を痛めてしまうこともあります。

 

スクワットはお尻をつきだした姿勢で、膝をつきださないようにすることが重要です。

 

足の前後運動をなるべく少なくし、つま先よりも膝が前にでないように意識して行いましょう。

 

また膝を曲げたときに腰が反ってしまうと効果がなくなってしまうので、腹筋と背筋を意識してお互いを押し合うようにして行いましょう。

 

筋トレは大事

普段からちょこちょこ筋トレをしているという方は筋肉痛になることなどもないと思いますが、久しぶりに筋トレをすると筋肉痛が起きたり回数をこなせなかったりしますよね。

 

効率よく筋肉をつけるためにHMBは有効で、ダイレクトに筋肉になることや、筋肉の修復促進といった効果があります。

 

筋トレをせずにクイーンズスリムHMBを摂取した人と、筋トレをとりいれてクイーンズスリムHMBを摂取した人とでは口コミに大きな差がでています。

 

HMBは筋トレ初心者に向いているサプリとも言われているので、恐れずに筋トレを行っていきましょう。

 

クイーンズスリムHMBと合わせたい筋トレメニュー3選!:まとめ

自宅でできる筋トレメニューを3選ご紹介してきましたが、筋トレは部分的に効いているようで全て繋がっています。

 

腹筋を鍛えれば背筋も必要となりますし、そうなると必然的に両面を鍛えることになったり。

 

体幹がしっかりしていないと筋トレをしていてもグラついてしまったり、身体を支えることが難しいと感じることもあるでしょう。

 

どれも自宅でできる筋トレなので、クイーンズスリムHMBと合わせてとりいれてみてくださいね。